未分類

ごっこ遊びとしての掘り下げがお好き?

シータヒーリングを始め、カウンセリング型というか対話型のヒーリングセッション手法を取り入れたモダリティってありますよね。

そこでは、あくまでガイドラインとして参考くらいの位置づけで創始者が作った掘り下げの仕方が、あたかも厳格な規則と捉えられるような歪みが起きがち。

まるでアドリブが許されない舞台俳優のように、お決まりの文言を一言一句間違えずに暗記できているかどうかができているかどうかの目安とされたり、一般的なやり方以外の質問の仕方などをすると「できていない」とされたり。

形式面からしてそんなふうになりがちなのは、そして実際そうなっている人というのは、本当の意味で掘り下げをしたくない気持ちの現れであることがほとんど。

中身という点でいえば、本心を自分から打ち明けたり指摘されたりは痛すぎて耐えられないから、ほんとじゃない部分で辻褄だけ架空でもいいから合ってる、聞こえのいい話を展開しがち。

以前、「シータヒーリングを学んでいるが掘り下げが苦手」という方がレッスンを受けに来て、実際に私の掘り下げセッションを受けていただく中で解説を適宜はさむという形式で対応させていただきました。
その方は自分の信念や感情について無機質にドライにペラペラ語っていました。そこがもう、架空の「掘り下げごっこ」感すごくて。

「あ、もしかしたら私の中には、これこれこういう信念があるってことでしょうか?それならこういう問題が起きている、ということの辻褄が合いますよね?」

と、へっぽこ経営コンサルタントがでっちあげの理論武装をするみたいに。
そこには全然、本心などなくて。
それどころか、そうやって自分にとってむしろ本心を隠せて都合がいい嘘の話を論理的に作り上げてそれを解消するなんて茶番で、気分だけはクリアリングが進んだなんて言っている。

掘り下げて問題を解消するって、そういうことなんでしょうか。
そんなんで進むクリアリングってそもそも何w

そこで、本当のその方の信念や感情的な本音をあぶり出すような質問をしました。
すると(ちゃんとした掘り下げができている場合は常にそういうものですが)痛いところを突かれたように怯み、不快感を覚え、身を守るように姿勢が前かがみになり、呼吸が詰まる反応。
「違う、」と反論しようとするときに怒りのニュアンスが入り、拳や胸に力が入る。

「それです」

と指摘。

「自分の信念体系の土台に向かって進むなかで自分の思考を主張したり、自分の信念を否定されるようなことを言われたときに反発したくなったり、喜怒哀楽といった感情が伴う。

それがなにより、あなたがそういう信念を持っており、その考え方にそぐわない現実などと遭遇したときに怒りなど感情が動く、発生するということです」

と。

その方はそのときは、

「あぁ!掘り下げって、そういうことなんですか?ほんとのことを話すんですか!?てっきり、創造主がそう言ってるよということになっている、客観的ふうで論理的なことを、いかにも頭で考えたんじゃなくてチャネリングで得ましたという霊能者ふうの演技をした口調で言って相手やインストラクターにできてると信じさせて褒められればいいってもんじゃないんですね?ほんとなんだ……」

と、ずっと気づいていなかったことにようやく気づけた、というリアクションをしました。

そのあと数秒、葛藤している様子も見えて。

何に葛藤しているかというと、ほんとと嘘のどっちを採るかの葛藤。
ほんとの掘り下げが、ごっこ遊びではないと気づいてしまったことが、その人の、「ヒーリングごっこ(であわよくばそれを良しとする客や受講生から金をとってプロということで活動していきたい)」をユルく楽しむスタンスを捨てるか?と圧迫的に決断を迫る形になってるんです。
もし本当に掘り下げていく手法に切り替えたら、自分はこれまでのように、ヒーリングで掘り下げて信念の土台を入れ替えてクリアリングが進んだという「脳内妄想プレイ」を楽しめなくなってしまうわけです。
かといって本当の掘り下げをして本当にクリアリングを進めていけるほどの強さもない。

それからは上の空。

掘り下げの実例はもう結構ですとばかりに話を逸らしたり、なんとしてもそれ以上の掘り下げをこちらにさせまいとあの手この手を使って(申し訳ないけれどとても無様でした)。

レッスンでもあったので「まぁこんな感じで、実のある掘り下げをしないと、ただのヒーリングセッションしたつもりの、掘り下げごっこで終わってしまいますよ、ということです」と締めくくりました。

そしたらその方は、虚勢を張った奥様連中がみんなやる、心の壁バリアをATフィールドばりに展開し、毅然とした様子で、あえて事務的にやや冷淡にすました様子で、

「まぁ、それはusamimiさんなりのひとつの解釈として興味深くお聞きしました。本当に、ヒーリングのやり方は人それぞれでどれも間違いではありませんね」

と笑顔。

そう、つまり、ほんとの掘り下げとはこういうことかと学んで反省して今後はちゃんとしようと決意したのではなく、(そうできるだけの強さも気概もないので)あくまでもいま聞いた話は話し手の勝手な意見に過ぎず真実や正解ではない、自分がこれまでやってきたやり方が間違いというわけでもない、という落とし所に持っていったわけです。

「創造主が示したやり方なら、どれも間違いじゃありませんものね」
という、これまたトリッキーなつけたしまで。
そこで私が「はい」と肯定すると、その人は勝手に拡大解釈して、
「ですよね?これまで私が習ってきて実践してきた掘り下げの仕方も、べつに間違いじゃないし、今後もそういうやり方で掘り下げをしていってもいいってことですよね?」
と受け止めるわけです。

私の方も、カネもらったからレッスンに応じただけ、とあえてドライに線引きすることで、自分が傷つかないように笑顔。
べつに勘違いしたままでいたけりゃ好きにすればいいんじゃないの、と。
本人が納得しない限り、仮に他人が一時、力まかせに押し付けたところでどうせいつかは反発して言いなりになるのはやめてしまうわけだから強制しても意味ない。そんな優しいことしてあげる必要もない。カネもらった分、できる限りの力を尽くしてレッスンしたらあとはどうでも。

その方はシータヒーリングのインストラクターを取得して、より経済的な豊かさを得るために、もっとセミナー開催して生徒に来てほしいと思っていると今後の抱負を語っておられました。

シータヒーリングを習おうとしている方は是非、そういったインストラクターが経済的な豊かさを得て幸せになるためにお金を払ってセミナーに出てあげてはいかがでしょうか。

ってやだー。論旨がズレまくりぃー?
ほんと、無名のシータヒーリングインストラクターが言うことなんてただの意見に過ぎなくて信用できませんわねぇ。最高最善。え、何が?
スポンサーサイト

他人の思考パターンを根源まで辿る

ヒーラーとして、あるいはカウンセラーなど全般ではもしかしたら、「自分の価値観で客の話を解釈して受け取ってはいけない」というのがあるかもしれません。

よく「他人の立場になって考えよ」というと、「私ならこう考える」という人がいます。
立場だけ他人に合わせてるんですね。
そのうえで、自分の考え方で物事を見て判断する。
(そしてたいてい、私のほうが賢明な判断ができて、その判断ができない(できなかった)相手のほうが間違っていて愚かである、と優越感に浸りつつドヤ顔したり)

それだと全然、相手の問題を理解したうちには入らないんです。

で。

他人の思考パターンは霊視すると見えはします。
力量ある超感覚ヒーラーだと、自分の思考パターンを傍に置いておき、相手の思考パターンを自分に適用したうえで考えるということをします(できます)。
(これ、迂闊にやると、混乱します。自分の思考というOSを上書きしてしまったようなもので、もとに戻れなかったり、部分的に戻れたとしても今度は相手の思考パターンを完全には取り除ききれないこともあります)

そして、これができた場合でも、傍に置いた自分の思考パターンが
「えぇー?そんなのありえない!バカじゃないの?」
などとツッコミを入れたり、嫌悪感や拒絶感で否定、攻撃したくなるのを抑えられるか呑まれるかも次の関門としてあって。

そこらへんをうまくクリアして、
「確かにその状況になったら、こう思いますよね」
と、相手の思考パターンならこう感じる(であろう)ことを告げて相手から
「そう!それなんですよ!」
と言われるようならOK。

自分の価値観で思う「これがよい、こうなればいいはず(そう思わないあなたが悪い)」という押し付けのではなく、その人の価値観でこうしたい、こうなればいい、これは嫌だという感じ方を踏まえることができたうえで、どうしましょうというのを、探っていく。
(ただし共感だけして終わりだと、それはそれでダメ。それなら友達に同情してもらうなぐさめトークで十分。あくまでも相手の価値観を知っておくという、ヒーリングやカウンセリングのための材料として使います)

そして。


なんとここからが記事タイトルの内容。なんてこった!w

これは余裕あるときにやることですが、ある人の思考パターンをまるまるスキャンして、自分に適用するとします。
そして、その思考ひとつひとつが、なぜ、どのように芽生え、根付き、成長して強い信念と化したりねじれてこじれていったかを逆再生します。

これは可能ならばその思考が発生した出来事などまで含めて霊視できるとベスト。

良くも悪くも、自分が(稚拙で浅はかな思考で)
「どうせ、こう考える奴なんて、これこれこんな体験をして、こう思っただけだろw」
といった侮りが(あれば)裏切られることが多いです。

その逆再生の折々にも、「えー?自分ならこうするけど?」と、自分の価値観でいえば思うことはありますが、そのときは相手の価値観を適用しているので、「そりゃ、この思考パターンならこうなるよな」という考え方ができます。

こう書いてお察しのように、相手の思考パターンを適用しているときにも、メタ認知というか、「相手の思考パターンを適用している自分を見ている客観的な自分」を残しておき、相手の思考パターンを適用している自分と両立させるのが大事なのは言うまでもありません。

これをいろんな人に対してやっていくと、自分の狭量な「これといえば、絶対こうでしょ。それ以外の考え方なんかありえない。もしあったとしても、それはそんなことを考える奴がバカなだけ」といった考え方をしなくなります。
また、「世の中に、どうしてこう考える人がいるんだろう?信じられない!」といったことを思わなくなっていきます。

ある意味では、懐?が広く深くなるのでおすすめ。

その一方で気をつけるべきなのは、適用して体験した他人の思想に傾倒するなどして自分が、他人の思考に洗脳されないこと。
(もしかしたらこれが一番、危険であぶないかも)

自分の場合は常に創造主のエネルギーとともにあることでエネルギー的にバリアとする+創造主の観点から見た観え方を併用します。

これ、ヒーラーとしても役立つかもしれないけど、役者や小説家の人はすごく役立つんじゃないでせうか。
企業の新商品開発でもサービス業でも、お客様の気持ちになって考えるメリットがある人はすべて、やればやっただけの意義があるかと。
(ただしサンプルとしての、どんな人の思考を読むかが大事だったり、観えた結果どうするかしないかの判断は自分側でしないと、他人の考えに振り回されるだけの、コンセプトを見失った事業展開をしかねない)

雑~に書いてきちゃったけど、これ、うまくやらないとすぐ誰でもは、できないのかなぁ。どうなんざんしょ。

ちなみにマルチプルアバンダンスの波動パフォーミングをマスターするとできるようになります。(宣伝かよ!)

なんちって。

いつまでも若くいるための秘訣

金持ち父さんかく語りき。

「いつまでも若くいるための秘訣は、成長してから何をしたいかを決めて、成長し続けることだ。自分に低い評価を下して人生の可能性をせばめている人を見ることほど悲しいことはない。そういう人は質素な暮らしをしようと心がけ、節約してお金を貯め、それで自分は賢いことをしていると思っている。実際は、賢いんじゃなくて制限しているだけだ。そのことは年をとるにつれ彼らの顔や生活態度に出てくる。たいていの人は、お金に関する無知という名の檻に精神的に囚われたまま人生を送る。そういう人はそのうち、動物園の小さい檻に入れられた野生のライオンのようになる。昔の生活はどこへ行ってしまったのだろうか……と不思議に思いながら、檻の中をただ行ったり来たりするんだ。
(中略)
継続してプランを立てるプロセスは、私の若さも保ってくれている。私はよく、金持ちになった今も新たにビジネスを起こしたり投資をしたりして、さらに多くのお金を儲けることに時間を費やすのはなぜかと聞かれる。その理由は、そうするのが楽しいからだ。確かに私はたくさんのお金を作り出しているが、私がそうしているのには、お金を作り出すことが若さと元気を保ってくれるからという理由もある。画家が成功を収めたからといって、もう絵を描くのをやめたらどうかとはだれも言わないだろう? それと同じだ。私がビジネスを立ち上げたり、投資したり、もっとお金を作り出すことをやめる理由はどこにもない。画家が絵を描くことによって、たとえ身体は年をとっても精神を若く元気に保つのとまったく同じことを私もしているんだ」

金持ち父さんの投資ガイド「入門編」

んまー!なぁ~にカッコつけちゃってんだろうね?

金儲けが若さの秘訣ぅ?はぁ?ふざけんじゃねーよ、っつって?

金儲けは悪いこと!
金儲けをすればするほど、魂が穢れ、罪が重ねられる!
誰かが金を儲けた分、他の誰かが貧しくなる!
充分なお金を持ってる人間がさらに金儲けに走り続けるから、貧しい人たちがいなくならない!
金持ちがさらに金儲けをするから、お金のない人たちは病んで飢えて死んでいく!

お金を稼ぐのは最小限に留めて、清貧を貫くのが、世のため人のため!!

そもそも人は老いて死ぬもの。
苦労に耐えてこそ素晴らしく、立派な人間になれる。
人生は山あり谷あり。どちらかといえばつらいことのほうが多い。
楽しいことなんて、ほんのわずか、得られたらそれを幸運だ、ありがたいと捉えて感謝しないと。
もっと幸せに、もっと豊かに、もっと若々しく……なんて望むほうが、どうかしている。
そんなのは節操のない愚かで堕落した、人間のクズの考えることだ。

貧しくて当たり前!
かろうじて暮らせる程度の貧しさに満足し、多くを望まず、不幸を怨まず、いつも笑顔で、人のために尽くす。

それこそが、人の生きるべき道なのだ。



……とか言われた方が、ホッとするタイプですかぁ?(withきょとんとした顔)

どんな道でも、自分が納得して信じていられるのが一番ですよね!(with笑顔)

あ、そうだ!
よかったら、鏡つかいます?
せっかくだからお顔を見てみてください。
生き方が出てくるらしいんで。
どんな顔ですか?

……別に普通、ですよね!?
金儲けして若さと元気を保ってるなんて最低の人間が土下座して謝りたくなるくらい、何の問題もない、賢い、節約にいそしむ素晴らしい人間ならではの魅力的な顔ですよねぇ!?

ていうか、一般人がいいトシして、何が若さだって話でしたよねすいません!
誰でも老けていきますもんね?
年相当に老けてるほうが健全ですよね?
いいトシして若いなんていうのは、美容なんぞに余計な金と時間を費やす強欲でチャラい中身カラッポ人間か、本来ならしておくべき苦労をサボったかのどちらかですよ!
ロクなもんじゃない!
夢なんて追わず、与えられた境遇で貧しく老いて、苦しみや怨み、怒りはグッと堪えて、墓場まで持っていく。誰にも打ち明けず、ご迷惑をかけることなく、心の内にしまって、死んでいく。
それこそが、真っ当な人間の生き方ってもんですよねぇ?
ええ、ほんとそう思います。完全に同意します。ほんと正しいと思います(with棒読み)。

神聖幾何学カードのセッション感想いただきました

とある、ヒーラーをしている方から「業務多忙でうまく現実に対処しきれない」という相談を受けてセッションを行った感想です。

あれから、自分はどうしたいのか、与えつつ受け取ること、プライオリティやクオリティといった意味について考え、とりあえずサイトで新規の募集を10日までですが一時停止しました。

そうしたところ、自分でも驚く程気持ちが軽くなって、貯まっていたアチュなどもスムーズに、そして楽しく出来るようになりました。
お待ちのお客様からも「そんなにいそいでないので大丈夫ですよ」など、嬉しいお言葉もいただき、改めてお受け取りいただける方がいることに感謝しています。

新規のお申し込み対応や、ご入金確認等の作業について一切考えなくていいんだ、と思ったからこんなに晴れやかなんだと思います。

そして、一番の問題である「時間管理」「タスク管理」についても早速お勧めいただいた本を取り寄せました。
落ち着いたら読んで取り組んでみます。

確かに、余計なことを考えなくていい、専念出来る状態というのは素晴らしいんだろうなと思います。

カードの意味についても腑に落ちることばかりで、
かつリーディングやご経験から、具体的なアドバイスをいただけて感謝しています。

貴重なお時間、ありがとうございました。


お役に立ててなによりですわ。



神聖幾何学カードは、ハワイ在住のアーティスト「Francene Hart」女史が開発した、占いとしてもオラクルカードとしても有用なカードデッキです。

いろいろな問題に対処できますが、なかでも

ここ最近 or 今後の運気の流れの“トレンド”

を読むのに適している印象があります。

ある意味、カードの意味が抽象的なので、完全にカードリーディングだけでやろうとすると、ぼんやりしたメッセージになる感触があります。

なので、超感覚的な直観を併用して、「このカードは、こんなエネルギーをこんな感じで表している」と感覚的に解釈していくと、精度がグンと上がる気がします。

良くも悪くも、カードリーディングは、そのカードが持つ意味やモチーフに「本来のメッセージが翻訳」されて提示されるので、かえってカードの意味を取り違えるリスクがあると感じています。

が、超感覚でエネルギーを感じ取りながら、エネルギーの在り方を表すカードを使うことで、抽象性と抽象性がいい具合に相乗効果を発揮して、結果的に具体的なアドバイスができうると感じます。

セッションは、30分3500円(延長応相談)で受け付けておりますので、ご要望はメールにてお寄せくださいね。