ブロックハンターになろうよ!!

少なくとも私個人の発見としては、今年最大のものかもしれません。

自分はもともと、(心理)ブロックと呼ばれるようなものを癒すときに「光に還す」というやり方を採ることに、実は違和感を感じていました。

せっかくの宝を諦めるような、というと近い、、、というか、ドンピシャリ(死語)です。

それと同じ理由で、

「もうネガティブは卒業!そんな嫌な体験、もう経験しなくてもいいよねっ♡」

みたいなことを言う人が不愉快だったし、セッションやペアワークのときに俺に向かって言いやがったらブチ切れるぞこの野郎的な気持ちになっていました。

でもそこでカッとなる私を見て、ヒーラー友は

「まだまだクリアリングが足りないんだね♡」

と言ったりもして、私としても

「そう、、、なのかなぁ」

と釈然とせず、みたいなことの繰り返しでした。

自分の考えは、この違和感は、ただのブロックなのか?自分がクリアリング進んでないから感じる「余計なこと/要らないこと」なのか?

自分も経験あるし、他人がそうなったのを見たこともあるけど、ブロックをひたすら光に還していったら

「自分がなんだか、もぬけのカラになってしまったみたいだ。ざわざわした欲も消えたけど、やる気も出ない。頭がからっぽになったみたいで、たしかにラクだけど、何をどうすればいいのか、見当もつかない。自分って、どんな人間なんだっけ?何がしたいんだっけ?自分らしさってなんだろう?どういうことをしていると一番楽しくて、生き甲斐を感じていられたんだっけ?もうわからなくなっちゃった。でもそれでいいの?それがクリアリングなの?癒されたってこと?ほんとに?だとしたらどうしてこんなに釈然としないの?」

とフラフラしちゃって、オロオロしちゃって。

そんなときいわゆるヒーラー的な人から

「ただ笑っていればいいんだよ。すべては愛。喜びましょう?」

みたいなこと言われると、

「何を平和ボケしてんだこの浮き足立って地に足ついてないスピボケのタコスケ(←いまどき言わない)がぁ!」

と、物理的ブロック(レンガとか)でそいつの後頭部をぶん殴ってやりたい衝動にかられてたんですよね(←大袈裟な例えだけど)。

……で、今年は3/4(よんぶんのさん)を悶々として過ごしていた形となります。

(注:上記のケースは、たとえば未熟なシータヒーラーがワークした場合になりやすいというだけであって、シータヒーリングがそもそも有効でないとか、そういう方向性の癒しが間違っていると断言しているわけではありません。シータヒーリングでブロックを光に還すやり方で癒すにせよ、『どうしてそのブロックを自分が現実に創造したか』、『そのブロックと対峙することで何を学ぼうとしたか→その学びは完了したか』を的確に掘り下げてクライアントが心底、頭でも心でもエネルギー的にも納得したうえで、信念も含めて的確に思考の“置き換え”を行えば、しかもそれがヒーラーの頭による判断ではなくて、創造主の観点から見た最高最善という内容に沿ってやっていけば、こうした不調和は起きません。)

が。

やっぱり自分の直観は、間違ってなかったよ。。。

えーと、「ブロックを光に還す」あるいは破壊するとか消し去るとか、まあなんでもいいですけどここから先にこの記事で述べることは、そういう手法を「間違っている」と批判・非難するものではまったくないことを先にお断りしておきます。
いろんなやり方があるし、人それぞれ、場合それぞれに応じてそれぞれ個々に癒し方の方法が異なるのは道理だよな、だからどんな癒し方でも、それが効くケースはあるだろうよ、というスタンスです。
(たとえば、1つの薬の効能について褒めたからといって、別の薬すべてが効かないと誹謗中傷しているわけではない、というのと同じ理屈です)

さて、前置きが済んだところで。

じゃあブロックは、どうすればいいの?
少なくとも自分は、どういう癒し方ならすっきりするんだ?

といろいろ模索した結果、、、、、、。

狩る(=ハントする)

という方法が一番、しっくりきました。

ブロックを攻撃して破壊したり、光だか無だかに帰す・消すタイプの癒し方と、決定的にどこが違うかわかりますか?
(違う、とはいっても、そりゃ根本的なところでは1つになるわけですが、そうじゃなくてルートの分かれ方の問題で)

物理的な動物とか果物の狩りと同じです。

闘って勝利したら、

相手を「獲物」として収穫できる

点ですわ。

いわば「獲物ゲット」という見返り・メリットが、「狩る」ことにはあるわけですね。

で。

なんでブロックをよりによって、収穫なんてするんだよ?という疑問が、当然、湧いてきますわな。
(頼むから湧いてよォ?た?だ受け身でブログの文章をつらつらと現実逃避のために読んで鵜呑みにしてちゃぁダメだよぉ?←うるせえからはやく説明続けろタコ)

普通に考えたら、ボコボコに殴られたブロックの死体なんか見せられて「はい、あげる♡」なんて言われても気味悪いだけだもんねぇ。

だ・け・ど・♡ (←ハート連発、キモいねん。もうやめぇや?)

ブロックの正体ってなんだと思いますか?

それは……。

(有料記事に続く!←ええーーーー!?)
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ダイエットセミナー受講体験記

シータヒーリングで急遽、新設されたウェイトリバレーション(体重の解放)クラスの受講体験記です。

最近のエントリーにしては珍しく(?)、usamimi自身のワークの経緯を述べており、そこからマルチプルソウルの概念にまで発展した内容を含んでいます。

1つの参考事例として、読者の方にとって有用であれば幸いです。

※今月は有料記事がこれしかない可能性があるため、単独記事の購入をおすすめします。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

The Lightarian Purification Rings™ Lv.6受講体験記

いよいよこのコースの〆(しめ)となる、レベル6。
このレベルでは、セラフィムKグループから「黄金の音符」を授かります。

右脳のクリエイティビティを司る分野を刺激し、喉のチャクラセンターを整え、声を出すたびに、その音色や音程ごとに異なるセラフィムKからのエネルギー的な恩恵を受けられるようになるとされます。

これにより、父なる空と母なる大地、自分を取り囲むありとあらゆる事象のエネルギーと調和して、順応することが可能となるとテキストにはあります。

それにより、「予想外の出来事」を受け入れ、むしろ創り出すことが可能になるとのこと。

人ってまず、想定外の出来事に対しては不安を持ちがちだし、実際にそういうことが起きたときに動揺しがちなんですよね。
で、責任感が強かったりこだわりが強い人だと、現実の隅から隅まで自分の意図どおりにしようとし、一切、自分が把握も容認もしていない出来事が起きないように「現実化のバリケード」を創りがちな気がします

が、そういう姿勢はかえって、人間が本来持っている現実化の能力を制限して狭めてしまうことになるとテキストに書いてあります。

周囲のエネルギーと、自然界のいろいろなエネルギーを受け入れ、それらと順応することで、マジックと呼ばれるような、想定外の出来事が自然に起こるに任せる。
そうすることで、一から十まで自力でコントロールした場合よりも素晴らしい現実を創造できるようになる(ことを支援する)アチューンメントといえそうです、このレベル6は。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

The Lightarian Purification Rings™ Lv.5受講体験記

レベル5では、すべてのセラフィムグループが一丸となって、「至福の青い炎」で全身を包んでくれます。

テキストでは、それに加えて「願望実現のための祈り」について触れています。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

セラフィムブループリント上級クラス受講体験記

セラフィムブループリントの次期代表とされるアレックス・ブランドンが整備し、創始者ルース・レンドリーが承認した「セラフィムブループリント上級クラス」が、アレックスの来日に合わせて世界で初めて7月23日に東京で開催されました。

その講座に出席したときの体験記をまとめました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?